美人

夏の終わりに近づくと抜け毛が気になります。気になる抜け毛が今から予防できる方法5つ

夏の終わりに近づくと、抜け毛が気になります。気になる抜け毛が今からでも予防できる方法

夏が終わりに近づいてくると、抜け毛が増えませんか?

私は毎年抜け毛が増えていたんです。

対策に対策を重ね、今では気にならないようになりました!!

抜け毛が増えるとテンションも下がりますよね?

抜け毛が増える前に対策をしっかりとっていきましょう!!

抜け毛対策1 日光を避ける

紫外線による頭皮ダメージは思っているより重大です。

紫外線によって頭皮に炎症が起きてしまうんです。

帽子で頭皮への紫外線を遮断してください。

日除け防止帽子

 首の後ろも見落としがちな日焼けポイントですから、首の後ろも一緒に紫外線を帽子で防止しましょう笑

 

日傘も有効です。

抜け毛対策1 日光を避ける 紫外線 対策 抜け毛

 学生の頃、炎天下で部活をしていたとき、抜け毛がひどかったです。

それも紫外線の浴びすぎですね。

部活の後はシャンプーが沁みました。

頭皮に日焼け止めは塗れないし、帽子をかぶるタイプのスポーツではなかったから、苦労しました。

ちょっとの外出でも紫外線は頭皮へのダメージになるので、必ず日傘か、帽子をご利用くださいね。

 

抜け毛対策2 シャンプーを変える

シャンプーの洗浄力が強すぎるものを使っている場合、頭皮が乾燥して固くなってしまっています。

頭皮の乾燥の何が問題かというと、頭皮が乾燥していると、髪が生えにくくなってしまうんです!!

水がないと畑の作物が育たないように、頭皮も乾燥していると、髪が生えにくくなってしまうんです。

また、シャンプーをしたあとに、「すすぐ」がしっかりできていないと、頭皮にシャンプーが残ってしまっています。

その頭皮に残ったシャンプーも抜け毛の原因になっているんです!!

頭皮を洗浄するシャンプーが害になってしまうなんていやですよね?

すすぎ残しのシャンプーは頭皮にとって汚れでしかありません。

シャワーを上手に利用し、すすぎ残しないようにしましょう。

特に、耳の上、耳のうしろなど耳周りはすすぎ残しが起こりやすいため、念には念を入れてすすいでくださいね。

最近オススメのシャンプーはこちらです。

【POLA】艶やかな黒髪をサポート。グローイングショット シャンプー&コンディショナー

抜け毛対策4 髪を早く乾かす

シャンプーに関連しますが、最近オススメのシャンプー 抜け毛 シャンプー髪を洗った後、お風呂から出てそのまま長時間濡れたままにしておくのも抜け毛の原因になります。

理由は、髪を濡れたままにしておくと、「頭皮に雑菌が繁殖してしまうから」

菌は湿ってジメジメした場所が大好きです。

湿気の多い梅雨の時期ってカビちゃんが大量発生しますでしょう?

それと同じ状態が頭皮で起こっているということです。

雑菌は時に臭いの元にもなるので注意が必要です。

また、髪が濡れた状態で寝てしまうと、髪が摩擦により傷んでしまいます。

髪の痛みも抜け毛の原因になりますので、髪をしっかり乾かしてからおやすみくださいね。

薄毛から私を守る!!髪の毛を育てる方法!薄毛対策をして年を重ねても艶髪でいたいあなたへ
薄毛から私を守る!!髪の毛を育てる方法!薄毛対策をして年を重ねても艶髪でいたいあなたへ薄毛の家系に生まれた私は、幼い頃薄毛でした笑 ですから禿げないように励んできました笑 そんな思いがありますから、美容...

 

抜け毛対策4 染髪剤を変える

 

抜け毛対策3 染髪剤を変える 抜け毛 対策

洗髪剤には、頭髪や髪に良くない成分が入っている場合が多いのでできるだけ、優しいものを使うと良いです。

 

髪に良くない成分は、髪を細くし、髪自体にダメージを与えます。

できるだけ、髪や頭皮にダメージの少ない染髪料を選びましょう。

ヘアカラーより、ヘアマニキュアのほうが髪へのダメージは少ないです。

 




抜け毛対5 就寝時間を見直す

毎日の生活習慣が抜け毛の大きな原因になっていることがあります。

「自分では気づいていない生活習慣が実は抜け毛の原因になっていた。」なんてこともあるかもしれません。

生活習慣で言えば、上記に挙げた「髪をすぐ乾かさない」も抜け毛の原因になる習慣です。ですが、ご自身が気づいていなかったら直せない。ですから、気付くことは大切です。

早寝早起きも薄毛対策にはとてもいいんです。

睡眠不足が続くと、毛母細胞の細胞分裂がしにくくなり、さらには頭皮の血流が悪くなってしまい、髪の成長を妨げる原因になります。

十分な睡眠をとることはストレス軽減にもつながります。

工夫をして質の良い睡眠を得られるようにしましょう。

抜け毛対5 就寝時間を見直す 抜け毛 薄毛 髪 ストレス

また、ゴールデンタイムって聞いたことありますか?

午後10時から午前2時を表す時間で、美容や健康にとっても重要な時間と言われています。

その時間に就寝していると、成長ホルモンやその他幸せホルモンが体から出て、体や記憶が修復されると言われています。

だったらその時間は寝ていたほうが良いですよね!?

でも、仕事から帰ってくるのが遅くて早くなんて寝られない!そんな場合は、「遅くとも何時までには寝よう!」とご自身の中で決めておくのがとても大事になります。

抜け毛対策6 ストレスを排除しよう

ストレスが多い生活をしていると、呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、酸素量が少なくなります。

酸素を運ぶヘモグロビンが不足しているために頭皮が慢性の酸欠状態になってしまいます。

髪は、毛根にある毛母細胞(毛根の1番下にあり、この細胞が栄養や酸素を取り込み、細胞分裂をして髪を伸ばす髪の元となる細胞)が細胞分裂して成長します。
それの成長に必要なのが十分な酸素と栄養なのです。

 




夏に抜け毛が増える原因

夏はたくさん汗をかくことで頭皮に汚れが溜まりやすく、細菌が繁殖しやすくなることが原因の一つです。
このような夏の頭皮の状況から、秋へのの気温の低下とともに皮脂量が低下し、頭皮の状態が悪化しやすくなっていることも影響しているんです。

普段の抜け毛の量は男性で平均90本、女性で60本と言われています。

「これ以上抜けているなー」という感覚があったら上記の抜け毛対策を実行してみてくださいね。

 




夏の終わりに近づくと、抜け毛が気になります。気になる抜け毛が今からでも予防できる方法 まとめ

早いうちから薄毛対策をすることにより、深刻な薄毛になる心配が減少します。

悩む前に、手を打っていきましょう!!

最後までお読みくださりありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です