開運

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺にて北斗七星のご加護をいただく

群馬県高崎市を訪れたら必ず行きたい定番スポット

それは少林寺達磨寺。

この達磨寺、全国的に有名な高崎縁起だるまの発祥の地です。

達磨寺 達磨 ダルマ 高崎市

最近だとよく、テレビ番組で問題に出たりしているのでご存知の方も以前より増えた印象のある達磨寺。

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺 アクセス

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺住所

群馬県高崎市鼻高町296

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺 電話番号

027−322−8800

電車・バスでお越しの方

JR高崎線 高崎駅から

【タクシーを利用】西口タクシー乗り場から

15分

【バスを利用】

ぐるりん 少林山線
乗附先回り(西口1番乗場)
少林山入口にて下車

20分

群馬バス
安中車庫行き(西口3番乗場)
八幡大門前にて下車
バス停から徒歩約10分

20分

信越線 群馬八幡駅から

【タクシーを利用】

タクシー乗り場から

5分

ブタさん
ブタさん
群馬八幡駅から来た方が駅からは近いでけど、東京から来るなら、JRできた方が簡単かも…よく調べてから来てね!
高崎市 ダルマ 達磨寺 少林山

お車でお越しの方

関越自動車道から

前橋ICから

20分

藤岡ICから

30分

上信越自動車道から

高崎ICから

30分

松井田妙義ICから

35分



群馬県高崎市にある少林寺達磨寺 御祭神

北極星と北斗七星を神格化した北辰鎮宅霊符尊

 

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺 ご由緒

昔、碓氷川のほとりに観音様を祀るお堂がありました。

ある年の大洪水のあと、村人たちが川の中から香気のある古木を引き上げて霊木として観音堂に納めておきますと、延宝八年(1680)一了居士(いちりょうこじ)という行者が霊夢によって訪れ、信心を凝らして一刀三礼、達磨大師の座像を彫り上げ観音堂にお祀りしました。

この噂は「達磨出現の霊地・少林山」として近隣に広まりました。その頃の領主・酒井雅楽頭忠挙公(さかいうたのかみただたか)は厩橋城(前橋城)の裏鬼門を護る寺として、水戸光圀公の帰依された中国僧・東皐心越禅師(とうこうしんえつ)を開山と仰ぎ、弟子の天湫(てんしゅう)和尚を水戸から請じて、元禄十年(1697)少林山達磨寺(曹洞宗寿昌派)を開創しました。

享保十一年(1726)水戸徳川家から三葉葵の紋と丸に水の徽章を賜い、永世の祈願所とされました。

出典:公式HPより

こうして、香木が発祥となり発展していきました。

 

今から200年程前の天明の飢饉の後の後、農民救済のため九代東嶽(とうがく)和尚は、心越しんえつ禅師の描かれた達磨大師の図を手本に木型を作り、農家の副業に張り子だるまを作らせ、七草大祭に売らせたところ評判となり、縁起だるまの少林山と言われる今日の隆盛をみるに至りました。

これが下記のも出てくる達磨市の始まりの由来です。



群馬県高崎市にある少林寺達磨寺 少林山七草大祭だるま市

毎年1月6日、7日に夜通しで七草大祭だるま市が開催されます。

1月7日は霊符尊降臨の吉日であるため、1月6日に前夜祭を行います。

少林山七草大祭だるま市概要

少林山七草大祭だるま市は約320年前から伝わる「星祭大祈祷」にまつわる伝統行事です。

高崎市 達磨寺 星祭大祈祷

少林山七草大祭だるま市 スケジュール

1月6日

9時00分から七草大祭、星祭祈願の受付が開始しされます。

10時00分から交通規制が始まり、出店者がだるまや地域の名物などの販売を開始

14時00分から安全祈願祭が始まります。

1月7日

1時00分から本堂で七草大祭大祈祷が行われます。

10時00分からは大般若転読法要

14時00分から交通規制が一部解除

15時00分には露店の出店が終了します。

15時30分には祈祷の受付が終わり

16時30分には七草大祭星祭の祈祷が終了

17時00分に交通規制が完全に解除されます。

その流れを表にするとこちら⬇️

1月6日 少林山七草大祭だるま市スケジュール

時間 項目
9:00 祈祷受付 開始
★ 七草大祭星祭祈祷 開始
10:00 準備でき次第、出店者 販売開始
12:00 交通規制開始
14:00~ 安全祈願祭(本堂にて)
★ 瑞雲閣より出頭
★ 木遣り奉納
★ 安全祈願大法要
20:00~ 少林山星祭能 観世流

1月7日 少林山七草大祭だるま市 スケジュール

時間 項目
1:00~ 祈祷受付 開始
★ 七草大祭 星祭大祈祷(本堂にて)
10:00~ 大般若転読法要(本堂にて)
★ 瑞雲閣より出頭
14:00 一部、交通規制解除
15:00 出店者 販売終了(車両の移動・搬出はできません)
15:30 祈祷受付 終了
16:30 七草大祭星祭祈祷 終了
17:00 全面、交通規制解除
出店者 車両での移動・搬出開始
19:00 七草大祭だるま市 終了 完全撤収

 

少林山星祭能

1月6日20時〜

少林山達磨寺大講堂にて

野村萬斎さんの息子さん等が能を舞ってくださいます。



七草大祭大祈祷に2020年実際に行ってみた

動画はこんな感じです。

人数が集まったらご祈祷してくださいます。

わたしたちのときは5人くらいだったと思います。

お堂の中でお経を一緒に読ませていただくスタイルではなく、お寺さんの雰囲気通り、修行タイプで、寒風吹きすさぶ中、読経させていただきました。

もしご参加される場合は、ホカロンのご用意とダウン、帽子など考えられるだけたくさんの防寒着を着用をオススメいたします。

七草大祭大祈祷に参加する場合の駐車場

大きいお祭りなので臨時駐車場が作られています。

ですが、この七草大祭大祈祷は真夜中なので、そこまでの人出はありません。

一番近いお堂裏の駐車場がオススメ。

暗くてご自身の車がどれか、どの辺に停めたかわからなくなりそうな方は車に光るような目印と、懐中電灯をご持参ください。

群馬県高崎市にある少林寺達磨寺にて北斗七星のご加護をいただく まとめ

一番ご利益のあるという午前2時にご祈祷をしていただきました。

そんな深夜にも関わらずたくさんの参拝者がいらっしゃいました。

実際寒かったですが、このあとに続く儀式も面白かったのでおすすめです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

もし、午前2時の回に参加される方は、駐車場は、臨時駐車場ではなくて余裕で停められます!

臨時駐車場に万が一お車をお停めになってしまうと、暗くて寒い夜道をひとり10分ほどテクテク歩くことになってしまうので、駐車場は一番近くにお停めくださいね!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です